MENU

あごにきび

 

にきびというのは色々な場所にできると思いますが、中には、あごにできるという人もいると思います。あごにできるにきびというのは原因は何でしょうか?色々とにきびが出来る原因はありますが、ストレスが原因であごにきびが出来ているという人もいますし、他にもホルモンのバランスが影響しているとも言われています。ホルモンの中でも男性ホルモンがあごにきびの原因になっているといわれています。
ストレスがたまってしまうとホルモンのバランスというのはどんどん崩れて、男性ホルモンがたくさん分泌されてきます。そうなると毛穴から皮脂が大量に分泌しますからそれが原因であごににきびが出来てしまうといわれているのです。
女性であごに、にきびが出来やすいのが、考えてみると生理前や生理後、妊娠中だったという人もいますが、それはホルモンのバランスが原因だからです。あごにきびは痛みを感じるものと痛いと感じないものがありますが、どちらにしても早めに、あごにきびの治療は行った方がいいと思います。大人になってからのあごにきびは、吹き出物と読んだりもしますが、放っておくと悪化することもありますし、早めに治療することと、ストレスをためないことがあごにきびの根本的な原因改善につながります。

 

おでこにきび

 

おでこにきびと言えば、誰でも一度は経験したことがあるにきびではないでしょうか。おでこにきびができる原因として多いといわれているのが、皮脂が過剰に分泌したことや、前髪があるという人は前髪が刺激しておでこにきびが出来るということもよくあります。皮脂の分泌が多いということは、肌が乾燥していたり、ケアがあまり十分に行われていないかもしれませんし、他にもストレスがたまっていることでおでこにきびが出来たり、食生活が偏っていることでおでこにきびができることがありますから、おでこにきびの原因といっても一つではありません。
おでこにきびを治療したいと思っている人はとにかく毎日洗顔をして、顔の肌が乾燥しないようにしっかりとケアすること、そして前髪があたってそれが原因で、おでこにきびが出来ているという場合には、前髪もなんとかしましょう。顔を洗う時には洗顔料が残っていないか、化粧の落とし残しがないかなどもしっかりとケアしていきましょう。
洗顔料が残っていても、化粧品が残っていてもやはりおでこにきびの原因になってしまいますし、シャンプーの成分がおでこにのこっておでこにきびなるということもありますから注意しましょう。

ストレスとにきび

 

今にきびが出来る原因の多くに、ストレスが関係しているといわれています。にきびが出来る原因になぜストレスが言われているのかというと、ストレスがたまるということはそれだけ体の免疫力が低下していることになります。体の免疫力というのは体全体です。肌ももちろん含まれるために、普段はにきびなんかできないような体質の人でも、ストレスがたまって肌の抵抗力が落ちている時には、にきびが出来やすくなってしまうのです。
ストレスによるにきびは、大人になってからなりやすく、思春期にきびとはまた別です。大人ニキビと呼ばれているものの多くが、ストレスが原因であったり、食生活の乱れ、他には生活習慣の乱れなどが原因で起きているといわれています。ストレスからくるにきびを改善させるためにはどうすればいいのでしょうか。
やはりストレスからくるにきびを改善させる方法として効果的なことは、ストレスをためないようにするということです。ストレスがたまってしまうとどうしてもにきびというのはできやすいですから、ストレスがたまらないような生活をするように、どこかで気分転換をするとか色々と考えておくのがいいですね。ストレスを感じない生活がにきび予防につながります